ktsplog

キラキラしていないゲイになりたい

城の面白さが少しわかった気がします

先日ある地方の城を観光中のことです。

 

そもそも私は城の面白さがそこまでよくわかりません。解説の看板を見て勉強になるなとは思っても、城の美しさとか藩主の生涯にそこまで関心がありません。

 

そんな時、前を歩いていた女子大生2人組が「お城ちゃん」という同級生のことを話していました。

 

小学5年生の時、お城ちゃんと呼ばれる城が大好きな友達がいて、お城ちゃんは城の外を歩いている時はどうやって攻めようか考え、天守閣に登るとどうやって守るか考えるんだそう。

 

これを聞いたときに目から鱗が落ちました。ああ、そういう見方もあるんだなと感心しました。城を見ても解説の看板ばかり見て、受動的だったから面白くなかったのかもしれません。どう攻めるか、どう守るか、実際に暮らしたり政治の場として使ってみるとどうだったかとかもっと能動的に考えたら城の観光も楽しくなると思いました。

 

結局今回の観光は城を補修中で外観しか見れなかったのですが、今度はもっと能動的に見て回りたいです。

心がすさんだ時に一番落ち着くのはビジネスホテルだと思う

ビジネスホテルに泊まっています。

 

何人かで旅行するのも好きですが、最近は一人旅の方が好きです。一人旅が好きな一番の理由はビジネスホテルに泊まれるからかもしれません。

 

ビジネスホテルが好きな理由はきれいで整った部屋で快適に過ごせるからだと思います。環境を少し変えると日頃の疲れも忘れることができます。

 

あとは受付でフロントマンの方に丁寧に案内してもらったり、部屋のテレビで地方のニュースを見たりするのが好きです。たまには毎日の生活から離れてリフレッシュも大事だなと思います。

地方のNHKニュースが好きです

訳あって地方に出かけています。

 

食堂で夕食中にNHKのニュースが流れていたので見ていたのですが、夕方は全国ニュースではなく、地方のキャスターがその土地のニュースを読み上げます。住んでいる人にとってはなんてことのないニュースも、他県在住の者から見ると新鮮で面白いです。

 

今日やっていたニュースは「コロナのせいで飲食店が打撃を受けている」、「地方交付税が例年より減っている市が多い」、「プールを冬場は釣り堀として利用。女性一人でも楽しい。夏前に掃除してから再度プールとして利用」というニュースでした。

 

普段テレビはあまり見ませんが、地方に行くとニュースや天気予報、チャンネル数等が違って面白いです。遠出の密かな楽しみです。

背筋をピンと伸ばして歩くと腰に負担がかかります

1日1時間は歩くよう心がけているのですが、この前モデルのように胸を張って歩いてはどうかと急に思い、住宅街をモデルウォークしていました。  

 

背筋をピンと伸ばして膝もできるだけ曲げずにスタスタ格好よく歩いていました。普段よりかなり体力を使い、いつもの3/4くらいのスピードで歩いたのに結構疲れました。

 

そして、寝る頃ベッドに寝転んだら腰痛が襲ってきました。別の日にモデルウォークした際も寝転ぶと腰が痛かったので、モデルウォークが原因であることは確実です。背筋はある程度丸まっているのが自然なので、無理に伸ばして歩くと腰に負担がかかるのも当たり前な気がします。無理はしちゃ駄目だと勉強になりました。

「なんか」「すごい」「めっちゃ」禁止について

吉田豪さんと真野恵里菜さんのSHOWROOMを見ていてためになった部分がありました。

 

1:00:54 辺りからの話でアイドルのライブ中のMCについて触れる場面がありますが、真野ちゃんは作家さんやマネージャーから「なんか」「すごい」「めっちゃ」という言葉をMC中に使わないように言われていたそうです。

 

「すごいかわいかったんです~」では伝わらないのでどのようにかわいかったか具体的に言うようにしていたそう。アイドルのMCだけじゃなく全ての大人に通ずる話だと感心しました。

 

吉田豪さんのSHOWROOMハロプロ関連のアイドルの今だからできる裏話を目当てに聞いていますが、毎回それ以上の収穫がある気がします。働いたり生活する上でためになる話が多いです。真野ちゃんを見習って、これから抽象的な言葉は控えるよう心がけます。

 

 

youtu.be

ヘルシオで美味しい焼きいもを焼くコツ

焼きいもが好きです。ヘルシオを買ってから週に1回は焼きいもを焼いています。

 

焼きいもを焼き続けてようやく自宅で美味しい焼きいもを焼くコツを見つけました。そのコツとは、オーブンで焼きいもが焼けた後、10分ほど庫内に放置することです。

 

焼き上がりで食べると茹でたじゃがいものようなホクホクの食感でそれはそれで美味しいのですが、10分放置したものは蜜芋のようにトロトロになって美味しいです。どんな芋でもトロトロになるとは思いますが、紅あずまという品種が特に美味しかったです。

 

10分放置については、たまたま焼き上がる時間を忘れていて発見した方法です。科学やプロの料理といった著名な世界でもこのような偶然が新たな発見につながると聞くので、焼きいもレベルですが発見時は嬉しかったです。

都会の美容室で切ってもらうと格段に違います

パートナーが恵比寿の有名美容室で髪を切って来ました。

 

仕上がりを見ると素人でも分かるくらいカッコよくてビックリしました。少しオーバーな表現かもしれませんが芸能人の髪型みたいで、束感が作りやすく、セットも簡単そうです。

 

ただ、カット代だけで6,000円もするし、交通費もかかるのでそんな頻繁には行けなさそうです。それに話を聞くと、指名した美容師さんが人気過ぎてある程度カットの方向性が固まったら途中で別の美容師さんと交代するそうです。指名したのに交代っていかがなものかと思います。

 

話を聞く分には楽しかったのですが、自分が行きたいと思うかはまた別だなと思いました。